世界にある。日本にない。ないならつくろう、日本にも「緑の党」

エコでピース名地球の未来を政治でめざす。

2012年07月05日

【声明】大飯原発3号機の再起動強行への抗議声明

2012年7月5日 みどりの未来運営委員会



民意と安全性を無視した強権発動は許されない
「一瞬の再起動」に終わらせよう


2012年7月5日 みどりの未来・運営委員会


 関西電力は7月1日夜、ゲート前で数百人の市民が抗議する中、大飯原発3号機の再起動を強行しました。「原発ゼロの夏」を恐れる「原子力ムラ」によるなりふり構わぬ強権発動です。私たちは、「未来への虐殺行為」とも言える暴挙に強く抗議します。地震列島日本における原発再起動は、やっと止まった時限爆弾のスイッチを再び押すに等しいのです。

 何より許されないのは、政府が「3・11」の東電福島第一原発事故以前よりもさらに悪質な形で、安全性をないがしろにしたことです。現在、大飯原発直下の断層(破砕帯)が活断層ではないかとの危惧が高まり、掘削による再調査が求められています。しかし、保安院と関西電力は意図的にデータ開示を遅らせ、再調査を拒み続けています。7月3日に行われた地震・津波意見聴取会は、傍聴者を締め出し、肝心の大飯原発の議論を先送りしました。「戦犯」である保安院が罪を重ねることは言語道断です。

 一方で、官邸前や大飯原発ゲート前をはじめとして、市民による非暴力の抗議が目覚ましく拡大しています。原発事故をもたらした「おまかせ民主主義」は終焉しつつあります。市民の抵抗に対して、枝野経産相は「抗議はルールを守るべきだ」と発言しました。しかし、安全基準が存在しない中で「計画だけで十分」という驚くべき「暫定基準」をねつ造したのは他でもない政府自身ではありませんか。政府と電力会社が市民を危険にさらすことを阻止するのは、市民の最低限の責務に過ぎません。

 1日当日、数百人の市民による道路封鎖をもって、牧野経産副大臣らはこそこそと船で原発敷地内に入りました。牧野副大臣は、どうして抗議する若者らを堂々と説得しようとしなかったのでしょうか。そしてこの事実は、大飯原発がいかに脆弱であるかを図らずも証明しました。一本しかない避難路が事故時に寸断されれば、周辺住民は放射能の中に閉じ込められかねません。

 私たちは6月29日に大飯原発付近から風船(太陽光で分解され無害)を飛ばし、再稼働反対の声を広めるとともに、放射能が拡散する時間と地点を調査しました。その結果、飛ばしてから3時間から6時間程度で滋賀、三重、愛知県まで飛来することがわかりました。「被害地元」が広範囲にひろがっていることは明らかです。防災協定や避難計画の立案すらしないままに、再稼働のみを強引に進めることは許されません。

 「原発ゼロ」はいったんは途絶えましたが、私たちは諦めるどころか、「原発なき未来」への確信を深めています。「原子力ムラ」は変わらなくとも市民は変わりました。抗議する市民によって包囲された中での大飯原発3号機の再起動は、原発の「終わりの始まり」を告げています。私たちは、尊厳をかけて立ち上がった国内外の市民とともに、「一瞬の再起動」に終わらせるために最大限の努力を傾けることを表明します。


posted by みどりの未来 at 16:03 | 政策・論評
Copyright (C) GREENS Japan./ みどりの未来 All Rights reserved.