世界にある。日本にない。ないならつくろう、日本にも「緑の党」

エコでピース名地球の未来を政治でめざす。

2012年08月01日

【大募集!選挙資金1億円カンパ】 2012.8.1現在 1082万3594円

 

iモード 2012.4.1 第1回中間報告 144件  3984口+α  398万4394円
iモード 2012.5.1 第2回中間報告 189件  7221口+α  722万1924円
iモード 2012.6.1 第3回中間報告 230件  8241口+α  824万1424円
iモード 2012.7.2 第4回中間報告 327件 10646口+α 1064万6064円
iモード 2012.8.1 第5回中間報告 408件 10823口+α 1082万3594円

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

世界一高い供託金に負けないぞ!
めざそう!1億円 1口1000円で10万口!


「既成政党には期待できない、失望した」
「国会に『緑の党』が必要だ」と思っている みなさん

「おまかせ民主主義にサヨナラし、市民がつくる新しい政党が必要だ」と
思っている みなさん


 私たちは「緑の党」は、来年2013年7月の参議院選挙に挑戦します。

 しかし、日本には、既成政党に有利な制度があります。世界一高い供託金という政党政治への参入障壁です。供託金とは選挙運動費用ではなく、選挙への参加料です。
 ドイツやフランスなど多くの欧米諸国では供託金はゼロ、イギリスやオーストラリアなどでも10万円以下です。ところが日本の場合は、参院選比例区の供託金は1人600万円、選挙区で300万円。しかも10人の立候補者を立てなければ、挑戦することさえできません。つまり、選挙に参加するだけで5000〜6000万円の供託金、選挙運動資金も含めれば最低でも1億円が必要なのです。

 私たちは立候補(被選挙権)を制限する供託金の廃止を訴えていますが、既成政党の壁に阻まれて実現することができていません。この壁を超えるためには、「緑の党」が必要だと思われているみなさん一人ひとりの想いを込めたカンパ(寄付)に頼るしか方法がありません。

 そこで、「めざそう!1億円 1口1000円10万口カンパ」を呼びかけることにしました。
 「既成政党にはまかせておけない」と思われている みなさん、ぜひご協力をお願いします。
 ひとりひとりの小さな力を合わせて、「緑の党」を国会に登場させましょう。


-------------------------------------------------------------------

■ 振込口座 

郵便振り込み(ゆうちょ銀行)口座
  【口座番号】00100−9−262967
  【口座名称】みどりの未来

*一般金融機関からゆうちょ口座へお振込みの場合
  【口座種別】当座預金
  【店名】〇一九(ゼロイチキュウ:店名の読み)
  【口座番号】262967

*「緑の党」の口座ができるまで、みどりの未来口座で受け付けます。
-------------------------------------------------------------------

■ 実施要綱

・1口1000円、10口1万円、100口10万円、1000口100万円です。
・数回に分けてのカンパ(寄付)歓迎。
・総額1億円のうち、75%(7500万円)を供託金と選挙運動資金として貯蓄し、25%(2500万円)を選挙準備の政治活動に使用します。
・寄付総額は毎月1日、HPでその時点での額を公表します。

-------------------------------------------------------------------

■ 寄付控除について

1.寄付金控除額について
「税額控除」又は「所得控除」のいずれか有利な方を選択して、所得税の寄付金控除が受けられます。
 @税額控除
  (寄付金合計額※注1−2,000円)×40%=寄付金控除額※注2
 A所得控除
  (寄付金合計額−2,000円) ※注1×各人の所得税率※注3=寄付金控除額※注2
 ※注1 総所得金額の40%に相当する金額が限度
 ※注2 寄付金控除額は、各人の所得税の25%が限度

 おおむね、税額控除の方が有利になると思われます。
 税額控除で、5,000円を寄付した場合は (5,000−2,000)×0.4=1,200円 となります。

 ※申告書提出時には、郵送料等のコストが発生する場合があります。

2.寄付金控除の手続きについて
○ 公職選挙法により皆様方からのご寄付は、選挙に立候補した年及びその前年の寄付金控除の対象になります。
○ しかしながら、私たちの立候補は2013年になりますので、2012年中にいただいた寄付金は、2013年3月の確定申告では直ぐに寄付金控除の適用にはなりません。
○ 翌年の2014年3月の申告時に、2012年の「更正の請求」という所得税を返還してもらう手続きを行う必要があります。
○「更正の請求」の雛形は、2012年分領収書発行時に同封させていただきます。

3.その他のお願い
○ 寄付金控除を受けるためには、私たちが寄付者の、@氏名A住所B職業C寄付金額D寄付年月日、を記載した「寄付金控除のための書類」を作成し、総務省に提出する必要があります。

○ これらの点をご理解の上、各項目の記載が明確な方を対象に「寄付金控除のための書類」の作成をいたします。
 詳しくは、事務局までお問い合わせください。 → 問い合わせフォームへ
posted by みどりの未来 at 10:00 | 2013緑の党を国会へ!
Copyright (C) GREENS Japan./ みどりの未来 All Rights reserved.