世界にある。日本にない。ないならつくろう、日本にも「緑の党」

エコでピース名地球の未来を政治でめざす。

2011年08月20日

【共同声明】モンゴル緑の党、みどりの未来はモンゴルにおける核複合施設計画に反対する

2011年8月20日 モンゴル緑の党・みどりの未来


 我々、モンゴル緑の党・みどりの未来は、秘密裏に進められてきたモンゴルの核燃料
製造施設、原子力発電所、研究所、使用済み核燃料貯蔵施設などの核複合施設(以下、
核複合施設)の計画に明確に反対の意思を表明します。

 3月11日の福島第一原発事故から6か月が経とうとしていますが、事故は収束して
おらず、放射能の排出は続き、放射能汚染は拡大する一方です。「日本の原子力発電は
絶対安全だ」としてきた日本政府及び原子力産業界の主張は全くの虚構であったことが
証明されたのです。

 2009年ごろからモンゴル、日本、アメリカ合衆国の三か国政府は、モンゴル国内での
核複合施設の計画を進めてきたことが報じられています。この計画は、情報公開は
もとより、何ら国民的合意のないままに進められてきました。また、包括的核燃料供給
に関する4カ国(モンゴル、日、米、アラブ首長国連邦。これらの国々は核拡散防止
条約の締約国でもあります。)了解覚書には、モンゴルでのウラン濃縮事業を
「認める」とも解釈できる表現があり、核不拡散上の懸念がある。との報道もあります。

 核廃棄物最終処分についての安全な管理法が科学的に確立されていないばかりか、
重大事故の解決方法や被曝に対する治療法が無いにもかかわらず、原子力産業、核兵器
開発は多くの人々の命や未来の命まで危険にさらして推進されてきました。このような
愚行を一刻も早く終わらせるために、我々モンゴル緑の党、みどりの未来は、以下の
項目を要求します。

 1.モンゴルにおける核複合施設建設計画を完全に撤回すること、
 2.モンゴル、日本における原子力発電施設の新規計画を全て撤廃すること、
 3.ウラン輸出国・核燃料加工国・核燃料使用国各国における国民への徹底した情報公開
   と、開かれた合意形成を進めること。
 


===【ENGLISH/英文】===============

Mongolian Green Party, Greens Japan oppose the plan of nuclear complex in Mongolia


Mongolian Green Party, Greens Japan

20 August,2011



 We, Mongolian Green Party and Greens Japan clearly express our opposition to any nuclear complex: nuclear fuel fabrication facility, Nuclear power plant, laboratory, spent nuclear fuel storage facility, etc… promoted secretly in Mongolia.

 Though 6months have passed since the disaster happened in Fukushima Daiichi nuclear power station, the situation has not been restored and radioactive emissions continue and the pollutions continue to spread over a widening area. The Japanese government and the nuclear industry have asserted that “Japanese nuclear power plant is definitely safe”. But this disaster proved that the assertion is an utter fabrication.

 It was reported that from around 2009, Mongolia, Japanese and USA governments promoted the construction plan of nuclear complex in Mongolia. This plan has been progressed with no disclosure to say nothing of national consensus.
And also there is a report as follows,
―There is concern about nuclear nonproliferation, because there is the expression reads Mongolian can do the uranium enrichment project in the 4countries’(Mongolia, Japan, USA and United Arab Emirates―they are also signatories of Nuclear Non-Proliferation Treaty ) Memorandum of Understanding on comprehensive nuclear fuel supply.

 Promoting the nuclear industry and nuclear weapons has endangered many people’s lives and future generations. This continues despite the fact that there is no safe management and scientifically no ultimate treatment of nuclear waste, no solution for disaster management, and no cure for radiation exposure. To end those follies immediately the Mongolian Green Party and the Greens Japan require these following items:

 1. Completely retracting the construction plan of any nuclear complex in Mongolia;
 2. Abolishing all new construction plans of nuclear power plants in Mongolia and Japan;
 3. Strict and full disclosure and opening of consensus building for the people in countries     exporting uranium, processing nuclear fuel, and using nuclear fuel.



visiting Mongolia.JPG
8月19日〜23日の5日間みどりの未来会員、前川武志氏がモンゴルを訪問しました。
写真はその訪問のときのものです。
From 19th August to 23nd, a member of Greens Japan, Takeshi Maegawa visited Mongolia.
These are photos of then.



posted by みどりの未来 at 20:00 | 政策・論評
Copyright (C) GREENS Japan./ みどりの未来 All Rights reserved.