世界にある。日本にない。ないならつくろう、日本にも「緑の党」

エコでピース名地球の未来を政治でめざす。

2010年04月28日

【English/中文】About Greens Japan / 緑之未來

 Greens Japan aims to organize a green party adhering to the “Green Political Ideal”; namely, ecologial wisdom, social justice, participatory democracy, nonviolence, sustainability, and respect for diversity, that the green parties across the globe support. One of our goals is to create a sustainable welfare community through working together with the NGOs, NPOs, citizens groups, and people’s movements throughout Japan.

How Greens Japan has started
Taking after the philosophy of Midori-no-Kaigi (2002 - 2004), that had a diet memeber and called for organizing environmental party, Midori-no-Table (Green Table) was developed and aimed to get involved in the national government.
There was another group called Rainbow and Green which was mostly a network of members of local councils. They put importance on the ecology and the diversity.

The two groups, Midori-no-Table and Rainbow and Green, merged and Greens Japan was officially born on Nov 22 2008.

Coordination with Global Greens
Rainbow and Green participated in the first Global Greens Conference.
In 2005, Rainbow and Green hosted the first Asia-Pacific Greens International Conference in Kyoto. Midori-no-Table was officially set up during this conference.
For the second Global Greens Conference held in 2008, Midori-no-Table and Rainbow and Green independently attended.

Incidentally, 3 members of Asia-Pacific Greens Network have been elected to be member of Global Greens Coordination. One of them, Ms Satoko Watanabe (a member of Kagawa Local Council) belongs to Midor no Mirai.

【沿革】
繼2002年〜2004年,訴求催生環境政黨的「告F會議Midorinokaigi」之後,2005年,以在國會取得席次為目標的「告F圓桌Greens Japan(midorinotable)」組成。三年後,該組織與地方議員聯合網「彩虹與告FRainbow and Green」整合,於2008年11月22日成立「鵠V未來」。

【與世界碕}的連帶關係】
「彩虹與告F」曾經參加第一屆世界碕}大會。並且是第一屆亞太告l大會(2005年2月/京都)的主辦單位。
「告F圓桌」於第一屆亞太告l大會會場正式成立。
2008年第二屆世界告l大會時,「告F圓桌」及「彩虹與告F」連袂參加。
亞太地區的世界營運調整委員有三名,其中一人即為「鵠V未來」的渡邊里子(香川縣議員)

「みどりの未来 Greens Japan」は、世界の緑の党が掲げる「みどりの政治理念」(エコロジカルな知恵/社会正義/参加型民主主義/非暴力/持続可能性/多様性の尊重)に基づき、みどりの党の結成をめざしています。全国各地のNGO・NPO・市民団体・市民運動と連携しながら、持続可能な福祉社会を実現します。

【経緯】
国会議員を有し環境政党づくりを訴えた「みどりの会議 Midorinokaigi」(2002年〜2004年)を継続し、国政を志向した「みどりのテーブル Greens Japan(midorinotable)」。エコロジーや多様性を重視して、主に地方議員ネットワークであった「虹と緑 Rainbow and Green」が統合して2008年11月22日に発足した。

【世界のみどりとの関わり】
虹と緑は第一回グローバルグリーンズに参加。また、第一回アジア太平洋みどり国際会議(2005年2月京都にて実施)の主催団体。
みどりのテーブルはみどりの京都会議の会場にて正式発足した。
2008年第二回グローバルグリーンズには「みどりのテーブル」「虹と緑」として参加。
なお、世界運営調整委員としてアジア太平洋部門から3人のメンバーが選出されているが、そのうちの一人は「みどりの未来」の渡辺さと子(香川県議)である。

posted by みどりの未来 at 11:26 | 「みどりの未来」について
Copyright (C) GREENS Japan./ みどりの未来 All Rights reserved.